外国の人に、しどろもどろの英語で道案内した話

最近は、街中で外国人観光客さんの集団に出会う事も多いですよね。

お友達っぽい集団や赤ちゃん連れのご家族など、グループ内の関係性はそれぞれなのでしょうけど、皆さん楽しそうに話してらっしゃるのを見かけます。

私は元々まったく英語が話せないので、基本的にその人たちに話しかける機会はありません。

ですが時々、あちらから話しかけてこられる事があります。そう、道を尋ねてこられるのです。

彼らは時に地図を持って、またある時にはスマホを片手に「ここへはどう行けばいいの?」と質問してこられます。

ですが英語が全くできない(もはや中学生レベルも怪しい)私には、かろうじて聞かれた意味は分かるものの、「こちらから説明する」という事がひどく難しいのです。

その人が行きたいところへ案内できる知識はあるのに、それを伝えるための手段がないという大変残念な事態に陥ることが多々あります。

「地図の中のこの道に今いるから、ここからまっすぐ進んで2番目の信号を右に曲がって、ぐるっと道なりに進めば右手に見えますよ」

日本語にすればこんなにも簡単な内容を、私は伝えることができないのです。目の前に、知らない土地で困っている人がいるにも関わらず。

手持ちの簡単な単語を総動員+身振り手振りで説明すると、大抵の方は一生懸命聞いて下さいます。

そして最後には「ありがとう」とおっしゃって、笑顔で立ち去って行かれるのですね。

その言葉と笑顔を見るにつけ、私にもっと英語力があれば、もっときちんと正確な案内をできるのになと毎回落ち込むのです。

するっ茶 ドラッグストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です