コーヒーがニキビに悪い3つの理由

毎日コーヒーが欠かせない。
しかし、ニキビが気になるならコーヒーは控えたい飲み物です。
コーヒーがニキビに悪影響を与える理由は3つあります。

1つめはカフェインの影響です。
コーヒー、緑茶、紅茶などにはカフェインが含まれています。
カフェインには利尿作用があり、過剰に摂取をすれば体の水分が不足する心配があります。
水分補給をしているつもりでも排泄をする分が多ければ、水分補給になっていないのです。

血液中の水分量が低下をすると血液はドロドロになり流れが悪くなります。
細胞に酸素や栄養素などが十分に行き届かず、肌代謝が低下をします。
肌の代謝が低下をすることで古い角質が蓄積をして、たまった角質によって毛穴がつまってニキビができやすい状態になります。

2つめのの理由は体を冷やすからです。
コーヒー豆は温かい地域で採れるものですが、温かい地域で採れるものや夏に旬を迎える食材には体を冷やす性質があります。
体が冷えると血流が悪くなり、肌代謝が低下をします。体の冷え波長の働きを鈍くします。
便秘でニキビが悪化した経験を持つ方もいると思いますが、腸の働きが鈍ることで体内に老廃物が蓄積をしてニキビができることもあります。

3つめの理由は砂糖の摂取です。
糖質の過剰摂取は皮脂分泌を促します。
さらに、砂糖はGI値が高い食品で、血糖値を急激に上げてインスリンの分泌を促します。
インスリンには男性ホルモンを刺激する働きがあり、男性ホルモンの影響で皮脂分泌量が増えます。

【ニキビ跡】シミ(色素沈着)が治らないのは化粧水のせい!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です