ホワイトニングってどれがいいの?という方にホワイトニングの選び方を紹介

日頃、歯の黄ばみに悩んでいる方がいるかと思います。歯の黄ばみは歯磨き粉で一生懸命磨いても、なかなか落とすことはできません。そんな歯の黄ばみには、ホワイトニングです。

ホワイトニングはいろいろな方法があって、使う薬剤によって効果や費用などが大きく変わってきます。確実に歯を白くしたいという方は、歯医者で行うホワイトニングです。歯医者で行うホワイトニングは、過酸化水素という薬剤を使って歯を白くします。過酸化水素を使ったホワイトニングは、歯の内部にまで浸透して漂白することで歯を白くするので、芸能人のような真っ白な歯にすることができます。

ただ、歯の内部に浸透することから、歯が痛んだり歯茎にしみたりするので、虫歯がある人や知覚過敏の人は控えたほうがよいでしょう。もっと気軽にホワイトニングをしたいという人は、酸化チタンという薬剤を使ったホワイトニングがよいです。

酸化チタンはホワイトチョコレートやチーズなどに食品添加物としても使われているもので、安全性が高いです。酸化チタンは、光にあたると光触媒という分解作用が働き、これをホワイトニングに応用した方法です。LEDライトなどで歯を照射することで、光触媒の分解作用によって歯をホワイトニングすることができます。酸化チタンを使ったホワイトニングは、セルフホワイトニングなどで使われていることがあります。安全性が高いことから、自分でホワイトニングジェルを塗って、LEDライトをあてることでホワイトニングしていきます。

他にも歯磨きタイプのホワイトニングなどがありますが、効果はそこまで期待できないです。いかがでしょうか?このようにホワイトニングといっても、方法がいろいろあるので、自分がどれだけ白くしたいのか、どれくらいの予算でホワイトニングできるのか、といったことを考えて選んでいくとよいでしょう。

歯の着色汚れを落とす歯磨き粉のおすすめ3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です