毛抜きで脱毛する際のポイントは

脱毛の方法は色々ありますが、毛が太くて色が濃い場合や、肌が白い場合は、カミソリで処理してしまうと、ムダ毛の剃り跡が青白く見えてしまうことがあります。そんな時は、カミソリよりも毛抜きでムダ毛の処理をする方がオススメです。

毛抜きを選ぶ際は、毛を挟む部分にズレがなく、しっかりと噛み合っているものを選ぶようにしましょう。噛み合わせがぴったりしている毛抜きを使うと、少ない力でムダ毛を抜くことが出来るため、肌への負担が少なくなります。

また、毛が生えている方向に逆らわずに、毛の生えている方向に沿って抜くようにしましょう。毛の生えている方向に逆らって抜くと、肌に負担がかかりますし、抜いた後に毛穴が目立ってしまうことがあります。毛の根本に毛抜きの先を当てて抜くことも、皮膚への負担が少なくなる方法の一つです。

毛を抜くときに痛みを感じる場合は、保冷剤などで冷やしながら抜くと、痛みが少なくなり、抜いた後の肌の炎症を防ぐことが出来ます。

毛抜きで処理をした後に、次に生えてきた毛が皮膚を破ることが出来ず、皮膚の下に渦上に溜まり、皮膚の中で炎症を起こしてしまうことがあります。これを「埋没毛」と言います。場合によっては、毛が埋没している皮膚の周辺が炎症を起こしてしまったり、酷くなると化膿してしまうこともあります。埋没毛になってしまった場合は、皮膚を清潔にし、無理に毛抜きなどで皮膚を傷つけないようにし、皮膚科で相談するようにしましょう。

学割のある全身脱毛のサロンおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です