アイケアが気になりだしたらお肌の加齢のサイン

妊娠するまでの10年間美容部員をしていましたが、アイケアが気になるというお客様は実は50代未満が多いです。
最も多いお悩みは目元の小ジワです。
乾燥によりハリがなくなり、固くなったお肌は目を動かす時の運動などでできたシワが治らないまま跡がつきます。
もちろん、季節による乾燥であったり、冷暖房機にあたることによっておこる乾燥もありますが、年齢を重ねるごとにお肌自身が水分を作り出したり保持する力は衰えていきます。

昔と違い現代の若い女性はつけまつ毛やまつ毛エクステンションなど通常のまつ毛よりも重たいまつ毛を目元にまとい、10代の頃からアイメイクをしてクレンジングをするという目元の皮膚に負担をかけることをたくさんしています。
それゆえ、目元に老化を感じやすくなるのも非常に早くなります。
早い方では20代後半頃から最近目元のシワが気になると相談に来られます。

目元のシワが気になる場合、保湿をすることが最も大切です。
普通の保湿ケアを目元にたっぷり塗るというのも悪くはありませんが、目元は皮膚が薄く敏感ですので、目元専用につくられたものを使用した方が良いです。
シワはお肌の奥のコラーゲン線維が壊れてしまっている場合が多いですので、コラーゲンの生成を促したりコラーゲンの破壊を防ぐことに特化したものを選ぶと効果が期待できると思います。

また、目を余り疲れさせないようにパソコンやスマートホンを長時間見た後は休ませたり、入浴中に温かいシャワーを目をつぶって目元にあてて温めるなどし、目元をいたわりましょう。
あまりに深く刻まれたシワは難しいですが、小さな細かいシワならホームケアでかなり改善できますのでトライしてみてください。

アイクリーム たるみ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です