正中線ができた時に妊娠線かと思いましたが違っていました。

妊娠してお腹が大きくなっていくと同時に心配になるのが妊娠線のことでした。一応手持ちの保湿クリームなどを塗っていたのですが、お腹が大きくなるスピードというのはある時突然大きくなるといいますか、急成長で大きくなってしまうのです。ちょうどお腹の真ん中に縦線がうっすらと入ってそれをお風呂で見た時は最初は焦りました。

妊娠線って縦にもできるのかと思いました。ネットなどで色々調べてみて私のお腹にできたのは妊娠線ではなく正中線でこれはいずれ消えるということがわかりほっとした次第です。実はこれは自分自身が胎児の頃に細胞分裂したときの名残なのだとか、そして普段は薄くてわからないのですが妊娠してお腹が大きくなる後期に目立ち始めるのだということでした。

妊娠後期にはホルモンバランスの変化でメラニン色素が蓄積しやすくなるのか、正中線も茶色っぽくくっきりと目立ちます。ちなみに乳首だけではなく、脇の下とか、足のつけねといった部分も色素沈着したようになりビックリしました。ちなみにこれらの色素沈着、正中線、共に出産後数カ月経つ頃にはすっかり薄くなり元の色にちゃんと戻りましたので安心しました。

ちなみに妊娠線の方は出産後、薄く目立たなくなるものの消えることはないです。私の場合はお腹には出ませんでしたが、お尻と太ももの境目あたりに何本かできていてびっくりしました。何でこんなところに出たんだろうと不思議ですが、出産後気がつきました。お腹には保湿クリームを塗っていたせいか、できなかったのですが、お尻側は油断していました。お尻側、太ももなどもちゃんと保湿クリームを塗っておいた方がいいと思います。

妊娠線を消すクリームのおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です