現代社会のストレスについて

現代社会においてストレスとは切っても切れないものである

誰かがストレスを解消したと思ったら他のだれかがストレスをため込んでしまっている。

これは仕方がないことだ。

しかしそのストレスをすべて受け入れてしまうのは私は間違っていると思う。

ストレスとは身の回りの要因もあれば自分自身が要因の場合もある。

ストレスを多少ため込むのは仕方がないが、それをため込むのは非常に良くない行為だ。

身の回りが要因のストレスはある程度回避できる、それはただ単に自分のとらえ方を変えればいいのだ。それは努力を積めばそうそう難しいことではない。しかし自分自身が要因のストレスに関しては、回避するのは難しいことだ。まず人格やマインドを変えなければいけないだろう。マインドに関しては自己啓発書を読むなどしてある程度変えることができるが、人格に関してはそうそう簡単には変えることはできない。

しかしその人格を愛することができるマインドを持つのはどうだろうか。マインドセットなら簡単ではないができないことはない。自分の人格が嫌でストレスをため込んでいるなら、自分の人格を愛することができるマインドセットを鍛えて、できるだけストレスをため込まないようにしたほうが良いだろう。

焦燥感 原因 改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です