仲間の輪を広げてどのように多くの人を集めるか

私が最近ハマっている趣味は、まとめて言えば「宅飲み」です。

宅飲みといってもその方法は「同窓会」、「料理会」、「コミュニティを広げる会」など多様にあります。それぞれについて、私がハマっている理由を紹介していきます。

まず「同窓会」は時々会う地元の同級生たちを十数人、一度に集まろうという趣旨です。卒業以来、自分は時々会っていても、同級生どうしは10年ぶりということもあります。

それはお互い地元にいてもよくあることです。ですが10数年ぶりに会う友人どうしが、10分後にはとても和やかに話しています。それを見て、その輪にいられることがとても楽しく感じます。

次に「料理会」についてですが、これは結婚して少し声をかけにくい友人相手にお勧めします。簡単な料理を持ち寄った宅飲みで、夫婦セットで声をかけやすいです。

最後に「コミュニティを広げる会」についてです。いつもグループで遊んでいた友人たちと、社会人になってからは「人数が集まらないのでまた今度にしよう」ということがよくありました。

そこで普段は別々に会っていたグループの友達を繋げてみようと思ったのです。

例えば中学時代と高校時代の友人、同級生とバイト先の同世代、同じ趣味を持っているが接点のなかった友人どうし。

こうして自分の友人と友人が繋がることで、何かを催した時に声を掛けられる「仲間」の選択肢がとても多くなります。

財布屋 白蛇財布 口コミ

最近楽器のキーボードを購入しました

どうして急にキーボードなんか購入したかと言うと、音楽番組を見ていて、珍しく鍵盤さんがメインボーカルで真ん中で歌っていたのです。

それを見ているとなんだか無性にキーボードが弾きたくなってしまってしょうがなくなりました。

すぐに、キーボードコーナー巡りを始めました。

キーボードとしての色んな機能が揃っているものから、できるだけピアノに近づけたシンプルなものまで、どれにしようか迷いに迷って購入しました。

ボタンが沢山あって、次に弾く鍵盤を光って教えてくれる機能なんてゲームみたいで楽しそうだな、と思ったけれど、小・中学生の頃、ピアノを習っていたので、鍵盤の感触が一番ピアノに近いものに決めました。

2番目に重視したのは重さでした。

狭い部屋に女一人暮らしなので、気軽に移動できるように、お米の袋をイメージしながら「この重さならオッケー」と決めました。

クラシックの楽譜集を一冊買って、それから弾きたい曲を2曲ほどダウンロード購入して、準備万端で臨んだんですが…

昔取った杵柄とはいかず、全く指が動いてくれません。

クラシックの楽譜集はユーチューブなんかで音を聞きながら練習するけど難しいし、本命で弾きたかったダウンロードした曲なんて難しすぎて、黒鍵の音には丸印して分かりやすくする始末。

一生掛かっても弾ける気がしない。

あの人たち、すごい。

でも、この困難を乗り越えて、少しはましに弾けるようになりたいです。

金剛筋シャツ 公式

息子の初めての誕生日に、ミシンで作った手作りのリュック

小さい頃、母がよくミシンで服とか手提げ袋などを作ってくれました。それの影響なのか、何か作ったりするのが好きでした。自分のミシンは持ってなかったので、手縫いで作ってみたりしていました。

大人になって子どもが出来て、やっと自分のミシンを持って初めて作ったのが子どもの1歳の誕生日に行う一升餅を担ぐようなリュックでした。

手芸屋さんで布とか、紐とか選んでることからもうワクワクしていていました。

子どもが寝てから夜な夜なミシンを動かして、作業を進めていきました。少しずつ形になっていくのを見て、自分の想像と合わさっていくのがとても嬉しかったのを覚えています。

今までも、巾着とかバックとかを作ったことはありましたが、型紙などは使わず頭の中で構成していくので何度か失敗していました。ただただ、面倒だなという気持ちから、型紙を使わなかったばっかりに失敗していました。

でも、今回のリュックは失敗することなく、気持ちがいいくらいとても上手く作ることができました。

息子も頑張って背負ってくれました。でも私は、一升餅よりもリュックが上手くできたことの方が嬉しかったです。

まだまだクオリティは低いですが、趣味程度にまた隙間時間で手作りを増やしていきたいです。

エクスレンダー 公式サイト

派遣会社も選択肢のひとつです

正社員として仕事をしていましたが、任される仕事はいつも同じだったため、スキルアップを図って転職することにしました。転職活動をしていて気づいたのですが、就職は会社に入ることです。募集している職種、営業か販売か一般事務なのかは提示されていますが、仕事内容まではわからないことも多いです。そのため採用されて仕事を始めると希望していた仕事内容と異なることがあります。その点、派遣会社は希望する仕事内容に合った勤務先を探してくれるので、希望と違っていたということが少なくてすみます。電話応対の量や求められるパソコンスキルや英会話の必要性など、細かい仕事内容を把握しているからです。直接は聞きづらいお茶くみやコピー取りなどの雑用の有無も確認してもらえます。大手の派遣会社ならパソコンスクールや英会話の講座、ビジネスマナーや貿易実務など足りないスキルを勉強できる講座も開催しています。勤務地や残業の有無などの希望も出せるので、食い違いが少ないと思います。雇用が安定しないのが派遣社員のマイナス面ですが、紹介予定派遣なら派遣社員として勤務し、勤務状態に満足いけば正社員として採用されます。派遣会社を利用するのも一つの方法であると考えられます。自分のスキルや経験が他社で通用するか派遣会社の担当者が判断してくれたり、引き出してくれることもあります。特に結婚している、子供がいる人にはお勧めだと思います。派遣先の企業との面接は禁止されていますが、インタビューや職場見学と名前を変えて、派遣先の担当者と接触する方法を設定してくれます。派遣先の雰囲気なども理解しやすいですし、困ったことがあった時には派遣会社の担当者に相談することができます。トラブルを未然に防ぐことができる有力な方法です。派遣会社には同時に数社に登録することで紹介してもらえる企業が増えます。大手の派遣会社は職種や業種にばらつきはありませんが、中小の派遣会社は職種や業種に偏りがありますので、得意分野を見極めて登録します。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

転職で大切なこと

転職で大切なことは色々とあります!1つ目は、資格です。資格が多いほど、仕事の幅が広がり、仕事での受かる可能性も広がります!2つ目は、前職での実績と働いた年数です。転職をした時に必ず聞かれることが、前職はどんな仕事をしていて、どのようなことができ、どのくらい働いていたかと聞かれます。その情報によって、この人は、仕事が出来るかできないかとみることができるみたいです。3つ目は、なぜこの仕事を選んだという理由がはっきりしているかです。その理由は、人それぞれ違うと思います。例えば、お金の面や自分の能力の向上や体調面での働く仕事内容や、家事、育児による働く時間といったことがあります。理由がはっきりしていることによって、企業側は、うちの会社を選んだのはこういう理由だったのかと分かるからです。4つ目は、今までの職歴の種類です。職歴が沢山あるほど、この人はあきやすい、もしくは働くことに関して不向きなのかと思われます。なので、職歴は少ないほうがいいのです。仕事は長く働けば働くほどよいですし、転職するにも次の会社で信用されるからです。5つ目は、学歴です。資格と同じで学歴が高学歴ほど、仕事の幅も広がるし、給料が高い会社に面接を受けることができるのです。6つ目は年齢です。会社によっては、年齢は問わないところもありますが、公務員は面接を受けれる年齢が決まっているのです。なので、転職をするなら、年齢も考えたほうがよいのです。この6つのことをふまえて、転職は就職以上にかなりの労力や時間がかかります。しかも、今働いている会社に比べて、良いとは限りません。これから転職を考えている人に言いたいです。転職は、お家を買うのと同じだということです。その理由は、生活環境が変わることと、お金のことも関わるし、一生ここでやっていくことになるからです。気に入らなければ、また次の仕事を探せばいいやと考える人もいると思いますが、転職すればするほど、どんどんなにかしら悪くなります。なので、転職はお家を買うのと同じだと思ってほしいのです。そうすると大きい買い物だと、人はきちんと考えて行動するので、転職をすると決めても、きっと、よい転職先が決まると思います!

医師 転職

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !